重力と戦う

10~20代ではにきびや肌荒れを気にしていました。

夜勤をしていた為不規則な勤務や環境の変化により肌荒れがひどく

ディフェリンゲルという皮膚科で処方してもらう薬を塗っていました。

だんだん肌荒れもおさまってきた頃。

30代になり気になってきたのは、ほうれい線、たるみ、しわ、しみです。

ヴィオテラスCセラムの使用感

日焼けはしみやたるみの原因になるため、母の化粧の真似をしたかった小学生

の私は小さい頃から日焼け止めを塗りたくり、焼けると痛かった為、なるべく日のでる所にはなるべく行きませんでした。

そんな生活をして日焼けに気をつけていたのに、月日は残酷です。

加齢とともに、しみやたるみは出現します。

最近気になっているのは、

糸リフト、ボトックス、ヒアルロン酸、レーザー治療です。

重力に逆らってもらうため、こめかみから糸をいれたるみをひきあげてくれる糸リフト。

しわ、小顔効果のあるボトックス注射やヒアルロン酸。

そしてHIFUやICON1570フラクショナルレーザー。

私の住む地域には美容皮膚科は少なく美容整形する医療機関も都会程ないため

数少ない美容皮膚科も予約は数か月先です。

40歳にむけて、美容医療の力をかりて肌の悩みと戦っていきたいと思っています。