大きな胸に憧れたあの頃

中学生の頃からバストが小さいのがコンプレックスだった。

今考えてみれば、別に人より極端に小さかったわけじゃないのかもしれないが
人並のサイズがないと思い込み、胸の大きい女性を見るとついつい見てしまうくらい
憧れも強かった。

http://universitedesgrandsvins.com/

ブラを買ってもらったのはいつだったか・・おそらく中2か中3だったと思うが、親に「買って」と言うのも気が引けたので、一体どうやって手に入れたのか。
察して親が買ってくれたのか、胸を気にしていた割にその辺りの記憶がない。

その頃は、今のようにカップ付きのキャミなどもなかったので、今の子は選択肢があっていいなぁとも思う。カップ付きのキャミがあったら、それなりに整った感じになるのでそこまでコンプレックスを感じずに済んだのでは?と想像してみたり。

しかも、中学生の頃は「バストが大きい=男子にもてる」と思い込んでいたので、とにかく大きくしたいと思っていた。とは言え子供だったので手段もなく、高校・短大と経て社会人になりようやく「バストアップサプリメント」なるものを自分で購入できるようになったので、飲んでみたりした。結構な金額だった記憶があるが、大した効果を感じられず、何がきっかけだったか「別に胸なんて大きくなくてもいいや」と思うようになり今に至る。

彼氏も普通にいたので、別に胸の大きい小さいは関係ないんだな、とどこかで納得したのだったかなぁ。
あれから20年以上経った今、豊胸のサプリメントなどはどこまで進化しているんだろう。
まぁいいや、と思って今日まで来た私だけど進化の具合によっては試してみる価値ありかも?!