無駄毛で悩んだ学生時代

初めて男子から言われたのは中学時代。パイナップル豆乳ローションプレミアム

今から思えば柔らかい毛がふわっと映えていただけの腕の毛。

「わ!すごいボーボーじゃん」といわれショック…

え?私ボーボーなの?みんなどうなってるの?そんなことしなかった私はほんとにショックとともに気になるようになってしまって、ついにその晩、お風呂でカミソリで剃りました。

ツルツル!これで男子には文句言われない、とおもったのもつかの間、ツルツルからチクチク映えてきたデはありませんか!

ふわふわだったのに剃ったらチクチク!人と腕が当たるとチクッ!わ!あの人も剃っててはえてきてるんだ!

チクチクが嫌だ~…でも脱毛にいけるほどお金もないし、学生だし…

そこから4年、ほぼ毎日剃りつづけた私。

就職をし仕事を始めたらついに念願の脱毛にいけることに!

毛も多い方ではない私は、割りと早めにはえにくくなりチクチクストレスから解放!

あれから20年、所々ふわふわな毛はありますがチクチクになることはありません。

本当にやってよかったです。

次は娘の番。娘が中学生になったら早く脱毛をやってあげたい。

あのチクチクして嫌だった気持ちを味あわせたくない!

男子は何気ない言葉でいっただけでも女子には死活問題!