「口臭」カテゴリーアーカイブ

口臭は大人だけじゃないっっ!

世の中で口臭が気になるのは、大人だけだと思ってました。

評判どう?アリートを実際に使った私の口コミ&効果!

だから、小学生の我が娘が実は口臭がきついと気づいたときはかなりのショックでした。

我が家には娘が数人いますが、ふしぎなことに口臭がきついのは一人だけなんです。おんなじ物を食べておんなじように生活していて、しあげ磨きも全員おなじようにしてあげているにもかかわらず、なぜこの子だけが口臭がきついのでしょう。

原因は、舌の白い苔がつきやすいかどうか!だったのです。

口臭は歯や歯茎だけでなく、舌の汚れからも発生します。ですから、子供でも歯磨きのときにいっしょに舌磨きをすることをおすすめします。

さて、口臭のきつい娘は、寝る前のしあげ磨きの際に毎日舌が白い苔でいっぱいなんです。この白い苔は、歯ブラシを舌の根元から舌の先にむけてブラッシングしてあげると、わりと簡単に落ちます。娘には、自分で歯を磨くときも、舌磨きをするように声がけをしてからは、以前より改善しました。

しかし、ほかの娘たちは全然舌に苔ができないのに、一人だけ毎日舌磨きをしても白い苔ができているのはなぜでしょう。

それは、摂取水分量の違いが原因のひとつにあります。口臭が気になる娘は、ほかの娘たちと比べて昔からお茶や水を飲む回数が極端に少なく、トイレの回数も少ない子でした。大人でも口が乾くとねばねしてて雑菌が繁殖しやすい環境になりますよね。

子供もそれと同じようなんです。

口が乾くとばい菌が増えて、口も臭くなるからこまめに水分をとるようにね。と声をかけて口臭対策をしています。

私は歯周病が原因の口臭で悩んでいます

私は50代を過ぎているので、歯周病が原因の口臭で悩んでおり、定期的に歯科医院に通院をしています。歯科医院では専用の医療機器を使って、歯石や歯垢の除去を行ったり、歯磨き剤を使用してクリーニングをしてくれます。http://www.alt-base.jp/

私は加齢が原因で、歯周ポケットが深い場所もあるので、日頃から糸ようじや歯間ブラシを使ってお手入れをしています。私はブリッジを使用している部分があるので、ブリッジの周囲は丁寧に歯磨きをしたり、歯間ブラシなどを使用しています。

就寝前は丁寧に歯磨きを行い、デンタルリンスなどを使用して殺菌をしています。食事をする時はよく噛んで食べるようにしたり、お菓子やジュースなどの甘い物は控えるようにしています。歯科医院で自分に合うサイズの、歯間ブラシをアドバイスしてもらいました。歯間ブラシが通らない場所は、糸ようじやデンタルフロスなどを使用しています。歯磨きを丁寧に行うことで、出血がしにくくなり、歯茎も引き締まってきます。歯周病は大切な歯を失う原因になりますし、出血や膿などで口臭の原因になってしまいます。

私はマスクを着用すると、口臭が気になることがあるので、エチケットを守るために口臭対策はしています。口コミで人気の高い消臭サプリを服用することもあります。

みんなが気になる口臭予防について

最近ではよくテレビCMなどでも口臭予防効果あり!などのデンタルケア関連のものを目にします。そもそも、口臭とはなぜ起こるのでしょうか?

口臭といっても原因はさまざまです。

体の不調によるもの

ストレスによるもの

心理的なもの

デンタルケアが不十分なことによるもの

などいろいろなことが考えられます。

ブレスマイルウォッシュ

体調不良によるものというと病的なものが原因となります。

消化器系の疾患、呼吸器系の疾患など原因になる場所はさまざまです。この場合は、まずはかかりつけ医に相談されるのが一番良いと思います。体のことを十分理解してくれているお医者さんであれば口臭についてもなにかよいアドバイスをくれるでしょう。

次にストレスによるものです。

これは緊張状態になると、唾液の分泌が減りそれが原因となって口臭が発生します。人前で話すときなど緊張しているときによく起こりますよね。口の中がカラカラにならないように水分補給をすると改善されるでしょう。

続いて心理的なものですが、これは口臭を気にしている本人の思い込みなどが強い場合などに起こります。一緒に暮らしている家族や親しい間柄の人などが気にしなくてもいいよと伝えてあげるだけでも幾分か心配な気持ちが緩和されるのではないでしょうか?

最後にあげるのはデンタルケア不足によるものです。

やはり、歯磨きが不十分ですと口臭の発生原因となります。歯ブラシで歯を磨くだけでなく、歯と歯の間を糸ようじでお手入れしたり、舌の上につく舌苔と呼ばれる汚れを専用のブラシで取り除くことも一緒に行うと効果的です。

デンタルケアグッズもとても豊富でどれを選んでよいのか迷うほどありますよね。やはりそういったことを話せるかかりつけの歯医者さんがあると心強いように思います。治療や予防で歯科医院に行く際にそういうことも相談できる先生に出会いたいものですね。